PcSchool.Club

パソコンを分かりやすく解説することを目指す無料のスキルアップサイトです

Excel MID関数とLEFT関数を利用する|Excel講座(エクセル)

2018年8月3日

MID関数とLEFT関数を利用してみましょう。

1.表の作成

下記のデータを入力します。

エクセルでMID関数LEFT関数の利用-学校名受験番号生徒名がまとめて書かれたセルと受験番号、学校名だけ入力するセル

2.受験番号と学校名の入力

ここでは、MID関数を使用し、<>も含めた受験番号だけ抜き出して入力する設定をしてみます。

セルD4を指定し、関数の挿入ボタンをクリックします。

エクセルでMID関数LEFT関数の利用-D5を指定し関数の挿入ボタンをクリックしている図

でてきた画面の、文字列操作の分類より、MIDを選択し、OKをクリックします。

エクセルでMID関数LEFT関数の利用-関数の挿入ダイアログボックスの関数の分類の矢印ボタンから文字列操作を選択し関数名MIDを選択しOKをクリックしている図

続けてでてきた画面に次のように入力し、OKをクリックします。

エクセルでMID関数LEFT関数の利用-関数の引数ダイアログボックスの文字列にB4開始位置に4文字数に4を入力しOKをクリックしている図

受験番号が<35>と入力されました。今度は、LEFT関数を使用し、学校名を入力します。セルE4を指定し、関数の挿入ボタンをクリックします。

エクセルでMID関数LEFT関数の利用-E5を指定し関数の挿入ダイアログボックスをクリックしている図

出てきた画面の文字列操作の分類より、LEFT関数を選択し、OKをクリックします。

エクセルでMID関数LEFT関数の利用-関数の挿入ダイアログボックスの関数の分類の矢印ボタンをクリックし文字列操作を選択し関数名LEFTを選択しOKをクリックしている図

続けて出てきた画面に次のように入力し、OKをクリックします。

エクセルでMID関数LEFT関数の利用-関数の挿入ダイアログボックスの文字列にB4文字数に3を入力しOKをクリックしている図

これで答えが入力できました。

エクセルでMID関数LEFT関数の利用-受験番号と学校名の一行目のセルが入力された図

3.連続コピー

D4とE4をまとめて指定し、連続コピーしましょう。

エクセルでMID関数LEFT関数の利用-連続コピーしている図