PcSchool.Club

パソコンを分かりやすく解説することを目指す無料のスキルアップサイトです

Excel 罫線をつける|Excel講座(エクセル)

2018年9月4日

エクセルで、入力したデータに罫線をつけてみましょう。

今回は、下の図のように見積書に罫線をつけてみたいと思います。

エクセルで罫線をつける-罫線がつけられている見積書

1.データの作成

では、データを入力しましょう。パソコンにエクセルが入っている人は、こちらをクリックすると、同じデータをダウンロードすることもできます。(なお、消費税率は、0.05で計算しております。)

エクセルで罫線をつける-罫線がない見積書

2.格子をつける

格子をつけたいセルA12からE19を指定し、[ホーム] ⇒  [罫線のボタン] の右にある▼(下図赤丸)から、[格子] を選択します。

エクセルで罫線をつける-罫線をつける箇所を範囲指定しホームタブの罫線のボタンの下向き三角をクリックしている図  エクセルで罫線をつける-罫線のリストから格子を選択している図

同様に、小計、消費税、合計金額欄にも格子をつけましょう。

D20からE22を指定し、格子をつけていきます。

エクセルで罫線をつける-小計消費税合計金額欄を指定し罫線のボタンをクリックしている図

 

3.太い外枠をつける

今度は、D22とE23に太い外枠をつけていきましょう。D22からe23を範囲指定し、太い外枠をつけます。(外枠太罫線と表示される場合もあります。)

エクセルで罫線をつける-D22からE22を範囲指定している図 エクセルで罫線をつける-罫線のボタンの下向き三角から太い外枠を選択している図

罫線が仕上がりました。

エクセルで罫線をつける-すべての罫線が仕上がった図