PcSchool.Club

パソコンを分かりやすく解説することを目指す無料のスキルアップサイトです

Excel ROUND関数の利用:千円未満四捨五入|エクセル講座(エクセル)

2018年9月18日

ROUND関数を利用し、四捨五入をする設定をしてみましょう。

ここでは、小計欄の数値を千円未満四捨五入する設定をしてみます。

お持ちのパソコンにエクセルが入っている場合は、ここから下の図にあるデータをダウンロードして練習することができます。

*************************************************

1.F13にE13 を千円未満四捨五入した値を入力する設定をする

下の図を見て下さい。山田さんの小計欄は、908,405となっています。これを千円未満四捨五入する設定をしたいと思います。では、やってみましょう。

F13を指定した状態で、関数の挿入ボタンをクリックします。

エクセルでROUND関数四捨五入の設定:概算の入力欄を指定し関数の挿入ボタンをクリックしている図

出てきた画面の [関数の分類] から、[数学/三角] を選択し、さらに[関数名] ROUND を選択、[OK] をクリックします。

エクセルでROUND関数四捨五入の設定:関数の挿入ダイアログボックスの関数の分類で数学/三角を選択しROUND、OKをクリックしている図

次に出てきた画面に、以下のように入力します。

数値:ワークシートのセルE13をクリックすると、数値欄にE13と入力されます。

桁数 :ここでは、-3 と入力し、[OK] をクリックします。(この -3 については、後から説明します。このページの終りの方にある青い字の文章を参照してください。)

エクセルでROUND関数四捨五入の設定:関数の引数のボックスの数値欄にE13桁数欄に-3と入力しOKをクリックしている図

2.連続コピー

F13に概算が入力できたので、F20まで連続コピーしていきましょう。

エクセルでROUND関数四捨五入の設定:概算の入力欄に連続コピーができた図

*************************************************

千円未満四捨五入する場合は、桁数の欄に、-3 と入力しましたね。

百円未満四捨五入する場合:桁数の欄が -2

十円未満四捨五入する場合:桁数の欄が -1

整数未満四捨五入する場合:桁数の欄が 0

少数第1位未満四捨五入する場合:桁数の欄は 1

少数第2位未満四捨五入する場合:桁数の欄は 2

少数第3位未満四捨五入する場合:桁数の欄は 3

という要領で、求めます。

roundketasuu