PcSchool.Club

パソコンを分かりやすく解説することを目指す無料のスキルアップサイトです

Excel 検索と置換機能の利用|Excel講座(エクセル)

2018年10月9日

エクセルで検索と置換機能を利用し、文字を修正しましょう。

ワークシート内に書かれた文字をすべて別の文字に置き換えたいとき、検索と置換機能を使うと簡単にできます。それではやってみましょう。

お持ちのパソコンにエクセルが入っている場合は、ここからデータをダウンロードし練習することもできます。

**********************************************

下の図をみてください。画面では見えていませんが、F102まで入力されている縦長の表です。E列に半角で括弧が入力されている「㈱トーヤマ」と全角で括弧が入力されている「(株)トーヤマ」とがありますね。これだと、フィルター機能を使うときやピボットテーブルを挿入するときなどに、別の取引先とみなされて表示されてしまいます。統一するため、㈱を(株)に置き換えてみましょう。

(ここでは、同じワークシート内にある㈱をすべて(株)に置き換える方法をご紹介します。)

e9_6 (1)r

㈱を(株)に置換する

[ホーム] ⇒ [検索と選択] ⇒ [置換] を順にクリックします。

e9_6 (2)

出てきた画面に、次のように入力し、[すべて置換] をクリックしましょう。

e9_6 (3)

7件を置換しました、という画面がでました。7つの㈱が(株)に置き換わります、ということです。[OK] をクリックします。

e9_6 (4)r

 

[閉じる] をクリックします。

e9_6 (5)

スクロールしてみると、同じワークシート内のすべての㈱が(株)に置き換わっていることが確認できます。