PcSchool.Club

パソコンを分かりやすく解説することを目指す無料のスキルアップサイトです

Excel ピボットテーブルの更新:元の表(リスト)のデータの修正|Excel講座(エクセル)

2018年10月11日

ピボットテーブルの元になる表(リストとよびます)の数値を変更した場合、ピボットテーブルは自動では再計算されません。そんなときは、「更新」の操作をしなければいけません。

実際にやってみながら、解説していきましょう。

お持ちのパソコンにエクセルが入っている場合はここからデータをダウンロードし練習することができます。

(ここではExcel2016を使用しています。)

***********************************************

1.元になる表(リスト)を用意しピボットテーブルを挿入

ダウンロードした場合は Sheet1に元になる表(リスト)、Sheet4にピボットテーブルがすでに表示されていると思います。

ピボットテーブル-リストの更新-もとになるリスト ピボットテーブル-リストの更新-ピボットテーブル

2.数値を変更する

ここでは、セルF3を 25,800 ⇒ 5800に変更します。

ピボットテーブル-リストの更新-修正前のリスト ⇒  ピボットテーブル-リストの更新-修正後のリスト

ピボットテーブルが表示されているSheet4を見ると、ピボットテーブルのデータは変更されていません。

ピボットテーブル-リストの更新-ピボットテーブルに修正が反映されない図

ピボットテーブル内の任意のセルを右クリックし、[更新] を選択します。

ピボットテーブル-リストの更新-右クリックで更新をクリックしている図

これで、ピボットテーブルのデータも変更されました。

ピボットテーブル-リストの更新-データが変更されたピボットテーブル