PcSchool.Club

パソコンを分かりやすく解説することを目指す無料のスキルアップサイトです

岐阜のパソコン教室「パソコンスクール・テルン」

Excel ピボットテーブル:個数と平均を追加する|Excel講座(エクセル)

2018年10月12日

エクセルでピボットテーブルを利用し、すでに表示されている月別売上合計に、個数と、平均を追加して表示させてみましょう。ピボットテーブル機能を利用すれば、関数を使用することなく表を作成することができます。

お持ちのパソコンにエクセルが入っている場合はここからデータをダウンロードし練習してみましょう。(Excel2016使用です。それ以外は表記が違う場合があります。)

それでは、やってみましょう。

*********************************************

下の図は、合計金額が表示されたピボットテーブルです。行ラベルに納品月が表示されています。

ピボットテーブルで個数や平均を追加する-ピボットテーブル作業画面で納品月を行に合計金額を値に取引先をフィルターにドラッグしている図

今回は、このデータと同時に、売上件数と、1件あたりの平均売上額を表示させてみたいと思います。

1.売上件数の表示

月別売上件数を表示させてみましょう。図(赤枠上)にある[合計金額] の文字を 値 欄までドラッグします。 [合計/合計2] と表示されます。

ピボットテーブルで個数や平均を追加する-ピボットテーブルの作業画面で合計金額を値にドラッグして追加している図

ピボットテーブルの方を見ると、同じ合計金額が2列に表示されています。

これから、右側の列を [個数] に変更していきます。

ピボットテーブルで個数や平均を追加する-合計/合計金額2として同じ金額が2列に表示された図

値 欄にある [合計/合計金額2] をクリックすると選択リストが現れます。[値フィールドの設定] を選択します。

ピボットテーブルで個数や平均を追加する-合計/合計金額2をクリックして値フィールドの設定をッ選択している図

出てきた画面の [集計方法]より[個数] を選択し[OK] をクリック。

ピボットテーブルで個数や平均を追加する-集計方法より個数を選択しOKをクリックしている図

1か月ごとの売上件数、および件数の総計が入力されました。

ピボットテーブルで個数や平均を追加する-個数がC列に表示された図

2.1件あたりの月別売上平均金額の表示

1件あたりの月別売上平均金額を表示させてみましょう。

下の図の[合計金額] の文字を値 欄にドラッグします。[合計/合計金額2] と出ました。

ピボットテーブルで個数や平均を追加する-合計金額を値にドラッグし合計/合計金額2が表示された図

値 欄の、[合計/合計金額2] をクリックし、でてきた選択リストから [値フィールドの設定] をクリックします。

ピボットテーブルで個数や平均を追加する-合計/合計金額2をクリックし値フィールドの設定を選択している図

ピボットテーブルを見ると、合計金額の列が2つ(B列とD列)あるのがわかります。D列の方を[平均]に変更します。[集計方法] より、[平均] を選択します。整数表示させたい場合は、[表示形式] をクリックします。(整数表示の必要がなければここで [OK] をクリックします。)

ピボットテーブルで個数や平均を追加する-値フィールドの設定画面の集計方法より個数を選択して表示形式をクリックしている図

出てきた画面の [表示形式] より[数値] を選択し、小数点以下の桁数が0となっている状態で [OK] をクリックします。

ピボットテーブルで個数や平均を追加する-表示形式より数値を選択し小終点以下の桁数が0であるのを確認しOKをクリックしている図

再び出てきた画面で[OK] をクリック。

ピボットテーブルで個数や平均を追加する-値フィールドの設定画面の集計方法より平均を選択しOKをクリックしている図

1件あたりの平均売上が表示されました。

ピボットテーブルで個数や平均を追加する-平均/合計金額2が表示された図