PcSchool.Club

パソコンを分かりやすく解説することを目指す無料のスキルアップサイトです

岐阜のパソコン教室「パソコンスクール・テルン」

Excel SUBTOTAL関数を活用(フィルター機能と組み合わせて利用)| Excel講座(エクセル)

2019年1月29日

Excelを利用して、SABTOTAL関数の活用法をご紹介します。
前回はSUBTOTAL関数の利用方法をご紹介しました。

今回は、SUBTOTAL関数とフィルター機能を組み合わせ活用方法です。
(フィルター機能や小計のある計算をする場合は、SUM関数よりSUBTOTAL関数が画期的です。)

まずは、下記のような表を作成します。同じ表を利用されたい方はここをクリックします。
下記の表は、フィルター機能を設定しています。
(フィルター機能を設定するには、表内をクリック後、データ → フィルター
設定されると表のタイトル部分の右側に下三角矢印▽が表示されます。)
Excel,フィルター,データ,SUBTOTAL,関数,SUM

*********************************************************************************************************

続けて、SUBTOTAL関数を設定します。
(SUBTOTAL関数を利用して、セルC5には合計金額 D5には合計金額 E5には最低金額を表示します。)
①セルC5をクリック
②関数の挿入
③関数の分類:数学/三角
④関数名:SUBTOTAL を選択しOKしておきます
Excel,フィルター,データ,SUBTOTAL,関数,SUM

 

続けて下記のように設定します。
集計方法は:9 (SUM)
参照1:F:F
●参照1ではF列を設定しています。列で指定するとデータが追加されても参照範囲を変更することなく値を求めることができます。
●もしくは、参照をF7:F107としても同様に合計金額が求められます。

Excel,フィルター,データ,SUBTOTAL,関数,SUM

 

最高金額と最低金額も同様に求めてみましょう。
最高金額 → 集計方法:4 → 参照1:F;F
最低金額 → 集計方法:5 → 参照1:F:F
Excel,フィルター,データ,SUBTOTAL,関数,SUM

*****************************************************************************************************

下記のように設定した表にフィルター機能より、担当者名を阿部として結果を求めます。
さらに、SUM関数で計算した結果もセルG5設定しました。違いを比較してみましょう。
Excel,フィルター,データ,SUBTOTAL,関数,SUM

担当者名を阿部としてみます。
担当者名の隣の三角▼ → 阿部 をチェック☑ します

Excel,フィルター,データ,SUBTOTAL,関数,SUM

 

**************************************************************************************************

で囲んだ部分がSUBTOTAL関数を利用した結果です。
で囲んだ部分がSUM関数を利用した結果です。

SUM関数は、フィルター設定があるなしに関わらず、すべての合計を返します。
SUBTOTAL関数は、フィルター設定の条件に合う結果を値として返します。

subtotal_7