PcSchool.Club

パソコンを分かりやすく解説することを目指す無料のスキルアップサイトです

岐阜のパソコン教室「パソコンスクール・テルン」

Excel IF関数の利用:空白””の設定 |Excel講座(エクセル)

2021年5月28日

今回はIF関数を利用し、指定したセルを条件によって空白にするという設定をします。

1.納品書の作成

まずは、下の納品書を作成しましょう。

エクセルでIF関数を利用し空白の設定をする-商品別合計金額欄が空欄になっている納品書

2.金額 欄の設定

今回は、単価 が 空白 であれば 金額 も 空白 にし、空白 でなければ 数量×単価を入力するという設定をします。それではやってみましょう。

セルF9 を指定しておいた状態で、関数の挿入 ボタンをクリックします。

EXCELでIF関数を利用し空白の設定をする-金額欄を指定し関数の挿入ボタンをクリックしている図

でてきた画面の 論理 の分類より、IF を選択し、OK をクリックします。

excelでIF関数を利用し空白の設定をする-関数の挿入ダイアログボックスの関数の分類欄を論理にし関数名IFを選択してOKをクリックしている図

つづいて出てきた画面に、次のように入力します。(下の図も参考にしてください。)

論理式:E9=””

値が真の場合:””

値が偽の場合:D9*E9

入力ができたら、OKをクリックします。

ExcelでIF関数を利用し空白の設定をする-関数の引数ダイアログボックスの論理式と値が真の場合と値が偽の場合欄に入力しOKをクリックしている図

POINT! でてきた画面の中の E9 の入力は、ワークシートの セルE9 をクリックすることで入力できます。また、”” は「空白」を意味します。

(下図)金額欄が入力出来ました。

EXCELでif関数を利用し空白の設定をする-金額欄が表示された図

3.連続コピー

F13まで連続コピーしていきます。

excelでIf関数の利用により空白の設定をする-連続コピーしている図

**************************************************

ちなみに、IF関数を利用せず、単に 数量*単価 で入力すると、以下のようになってしまいます。

excelでIF関数を利用し空白の設定をする-IF関数を使わないと0が表示される図

 

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報