PcSchool.Club

パソコンを分かりやすく解説することを目指す無料のスキルアップサイトです

岐阜のパソコン教室「パソコンスクール・テルン」

Word 表内の列や行の計算をしてみよう | Word講座(ワード)

2021年5月28日

Wordを利用して、作成した表内の列や行の計算をしてみます。
まずは、計算をしたい表を準備します。
計算というとExcelを思い浮かべますが、簡単な計算はWordでもできます。

?????????????????????????????????
今回はWordを利用して下記の表の合計欄に計算結果を求めます。
Word,レイアウト,計算式,合計,SUM

大阪支店の合計と商品Aの合計を求めます。
●大阪支店の合計を求めたい箇所(セル)を選択
●表ツール ⇒ レイアウト ⇒ 計算式 を選択
●=SUM(ABOVE)   計算式が表示されていることが確認出来たらOKします。
●続けて商品Aも同様に計算します。
●=SUM(LEFT)   計算式が表示されていることが確認出来たらOKします。
●残りの合計結果も同様に求めておきます。

Word,レイアウト,計算式,合計,SUM

 

???????????????????????????????

=SUM(ABOVE) は、選択しているセルの上にあるその列の数値を合計します。
=SUM(LEFT) は、選択しているセルの左にあるその行の数値を合計します。
=SUM(BELOW) は、選択しているセルの下にあるその列の数値を合計します。
=SUM(RIGHT) は、選択しているセルの右にあるその行の数値を合計します。

???????????????????????????????-

今回はその中から =SUM(ABOVE) と =SUM(LEFT)   を使って計算をしました。

合計する数値を変更した場合、合計を選択して 、Word,レイアウト,計算式,合計,SUMF9 キーを押すと、新しい結果が表示されます。

 

計算式に使える関数はたくさんあります。
関数の貼り付けより使える関数がたくさん表示されますので、ぜひ試してみてください。

Word,レイアウト,計算式,合計,SUM

また表示形式も変更できますので、表示したい形式に合わせてここの編集してみるといいと思います。

 

 

 

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報