WEBクリエイターとして活躍したいと願う皆様へ

この文章は、本当にWebクリエイターとして活躍したい
皆様へのメッセージです。

Webクリエイターの職業としての人気は依然とても高く、多くの人がWebクリエイターとして働きたいと強く想い、また独立したいと夢を描きます。 ただ、残念なことに、Webクリエイターとして現在、真に活躍している人は、全体の「氷山の一角」にすぎません。
どうしてでしょうか?

答えは単純で、現在のWEBサイト制作は、機能もかなり高度化し、そう簡単に制作できるものではなくなっているからです。 HTMLとCSS、それなりのデザインが出来れば、Webクリエイターになれるという時代は、もうかなり以前の化石時代の話です。 JavaScriptやPHPなどの仕掛けの要素をフルに操り、表現力を高め、機能性や操作性を高め、状況によっては、データを魔法のように操り、サイトを制作する、また制作の後は、運営、管理する能力が必要です。
これらを効率的に、実践力を身につけながら学ぶ必要があるからです。

Webスクールは多くありますが、そのスクールの卒業生がどれだけ活躍しているでしょうか? 大手スクールなどのカリキュラムは、一定のスキルまでを身に付けるには有効な手段かもしれません。 ただ、その一定のスキルを身に付けただけでは、活躍することは当然難しく、なぜなら、現実世界は、一定以上のスキルが当たり前のように、また、それプラスアルファの事柄が必ず必要になるからです。

テルンのスキルアップ方法は、通常のスクールと比べ、大きな違いがあります。 通常のスクールが、「授業を聞いて覚える」というスタンスの暗記型であるのに対し、 テルンは、「技術を身に付ける」、まさにスキルと体を一体化し、「スキルを身にまとう」、完全実践型の授業になります。 (完全実践型授業とは、実際のWEB制作の仕事に携わるうえで、取引先から受注のある要望を確実にこなせるスキルを磨くために、日々よせられるクライアントの案件、制作依頼をベースとしたカリキュラム、指導を行う授業のことです。)

今の岐阜や愛知のWEB制作業者の社長様たちが、「どこに行ってもテルン」というまでに、テルンの卒業生が活躍している背景にはしっかりとした指導力があるからです。

当スクールの受講生が実際に独立し、
現在、活躍している秘訣が以下にあります。

1.WEB制作の第一線で活躍中の、プロセスを熟知した講師による授業

講師が直接受講生の目の前でソース入力や動作チェック、デバッグまで、一通りの流れを披露します。 ただ単にWeb指導をするのではなく、どうしたらWebクリエイターとして活躍できるかが感じ取れるような体感型の授業を講師が行います。 (大事なのは、誰に教わるかです。) また、特に仕事を始めたばかりの頃は、「分からない」こともあり、それをどう乗り越えていけば良いかも不安です。 そういう時、適切なアドバイスができる心強い相談相手として講師がいます。 自分には難しいかもしれない案件にぶつかったときでも、講師のバックアップがあるため、安心して仕事を請け負うことが可能です。

2.実企業、店舗の協力による、Webサイト制作

就職希望の受講生は1~2企業程度、独立希望の受講生は4~10企業程度のWebサイトを制作に携わり、実践力を養います。 クライアントの要望を的確に把握し、表現力、操作性の良さ、データ管理力などを、理論だけではなく、現実として学ぶことができるのは大きな差です。 また、報酬を貰うことで、仕事としての責任感も身に付けることができます。 自分には難しいかもしれない案件にぶつかったときでも、講師のバックアップがあるため、安心して仕事を請け負うことが可能です。

3.営業研修、起業方法を的確に指導

スキルを身に付け、実際にサイトを作成したら、いよいよ目標は目の前です。 講師が受講生に同行し、パンフレット制作や営業、宣伝活動を率先して行い、起業をサポートします。 実際に契約を肌で感じ、制作、納品、運営、アフターフォローまでのすべてを学ぶことが可能です。 一生懸命に制作したサイトでも、クライアントとのトラブルなどはあるものです。そんなときでも適切に対処できるよう講師があなたをバックアップします。 講師はいつまでも、卒業し、プロになったWebクリエイターである皆さんを支え続けます。 さて、夢をつかむことはとても大変で不安なことです。 それは教えている講師が一番よく分ります。 WEBサイトの制作に悩むこともあれば、納期の壁にぶつかることもあります。 そんな気持ちがすごく分るからこそ、皆さんが就職する姿、独立する姿に、講師である私は、涙し、喜びを感じます。 契約が取れたときの喜びや、納品したときのクライアントの笑顔が、Webクリエイターの皆さんの動力です。 最大限に応援させていだたきます。一歩一歩確実に歩んでください。

・・・

将来の自分を想い描いてみませんか?