PcSchool.Club

パソコンを分かりやすく解説することを目指す無料のスキルアップサイトです

岐阜のパソコン教室「パソコンスクール・テルン」

ピポットテーブルの活用

2021年9月28日

ピポットテーブルとは大量のデータをもとにさまざまな集計を行ったり、分析したりできる機能です。
今回は複数のデータもとにピポットテーブルを作成する方法をご紹介します。テキストはこちらをクリックしてください。

手順1 Excelを起動し、以下のような表を作成します。

手順2 作成後、キーボードのAltキーを押したままDキーを1回押し、その後Pキーを1回押します。 次へをクリック → 次へ をクリック →範囲を図2のように追加し次へをクリック →図3のように既存のワークシートD2に作成するように指定し、完了をクリック

図1                図2                図3

手順3 以下のようにピボットテーブルが完成します。

手順4 続けて、完成したピボットテーブルの列を行にドラッグし、担当者ごとの売上集計の表示を変更します。

手順5 山田さんの小計セルをダブルクリックすると、新規シートに山田さんの売上詳細が表示されます