PcSchool.Club

パソコンを分かりやすく解説することを目指す無料のスキルアップサイトです

岐阜のパソコン教室「パソコンスクール・テルン」

ピポットテーブルの活用3(リレーションシップ)

2021年9月29日

ピポットテーブルの活用演習となります。
今回はアクセスでも馴染みのあるリレーションシップをエクセルで利用します
こちらはエクセル2013以降より利用できます。
(これ以前のバージョンのエクセルをお使いの方は利用できません。

手順1 以下のような表を作成します。

1)作成後、A2:B5の範囲内のセルならどこでもいいので指定し、挿入→テーブルの順にクリック

2)右図の画面にて、OKをクリック

3)テーブル名を「社員」という名前に変更します。

4)同様にして、右側の表内を指定し、挿入→テーブルの順にクリックし、テーブルを作成し、「日別売上」と いう名前に変更します。

手順2 今回は、社員Noが1番が山田さん、2番が鈴木さん3番が佐藤さんの日別売上であることをふまえて、以下のようにリレーションを作成します。

1)データよりリレーションシップをクリック

2)新規作成ボタンをクリックし、

下図のように、社員テーブルと日別売上テーブルの社員No同士が関連される同じデータであることを指定し、OKをクリックし画面を閉じておきます。

3)セルA11を指定した状態で、挿入→ピボットテーブルをクリックし、外部データソースの使用にチェックを

入れ、接続の選択ボタンをクリックします。(右上図)

4)テーブルシートのブックのデータモデルのテーブルを選択し、OKをクリック

5)以下のように、ピボットテーブルを完成させます。