PcSchool.Club

パソコンを分かりやすく解説することを目指す無料のスキルアップサイトです

岐阜のパソコン教室「パソコンスクール・テルン」

Excel |IF関数とOR関数の複合条件

2021年11月26日

Excelを利用してIF関数とOR関数を組み合わせ、条件別に出された評価を設定する方法をご紹介します。

動画①:IF関数とOR関数の複合条件の説明

動画②:IF関数とOR関数の複合条件の利用

IF関数は、いくつかの条件を複合させることができます

問題:英語、数学のうち、どちらか一方でも60点以下がある場合は、”不合格”、それ以外の場合は”合格”とします

手順①:下記の表を作成します

手順②:セル番地E7をクリックしておきます

手順③:IF関数の画面を出しておきます

手順④:IF関数の画面を出した後、OR関数を出します

手順⑤:英語が60点以下、数学が60点以下と入力します

手順⑥:IF関数をクリックして戻っておきます

手順⑦:IF関数に戻った後、真の場合と偽の場合にそれぞれ”不合格”、”合格”を入力します