PcSchool.Club

パソコンを分かりやすく解説することを目指す無料のスキルアップサイトです

岐阜のパソコン教室「パソコンスクール・テルン」

第1回:OpenCVを利用した顔認識機能(事前知識)Python

2022年1月13日

今回はPythonを利用してOpenCVを利用した顔認識機能についてご紹介します。
idleを起動して作業をしていきます。

動画は2回に渡ってお送りします。 

操作1:Pythonリストの復習

操作2:PythonのnumpyとopenCVのインストール

pythonのnumpyとopenCVをダウロードして、インストールします。

操作3:lineの描画
numpyの機能を利用し、画像を生成し、そこにOpenCVの機能を利用して線(line)を描画してみます

操作4:四角形や円・楕円などを作成する

<操作1の入力ソース>

a = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

b = a[::-1] #::-1で逆順にする

print(b)

<操作3の入力ソース>

import numpy as np  #numpyの機能にnpという名前をつける

import cv2

# 512px×512pxのサイズの画像を生成する

img = np.zeros((512,512,3), np.uint8)   #np.zeros(h,w,3) 最後の3は決まり文句で指定します

                                     # np.uint8 で0~255の整数として生成するように指示(省略OK)

img += 255 #全ゼロデータに255を足して色を反転してホワイトにする

# 5px幅の線を作成する。色はカラーコードはBGRで指定するので[::-1]を指定しRGBコードで指定する

img = cv2.line(img,(0,0),(512,512),(255,255,0)[::-1],5)

cv2.imwrite(“./line.jpg”,img)

<操作4の入力ソース>

import numpy as np  #numpyの機能にnpという名前をつける

import cv2

# 512px×512pxのサイズの画像を生成する

img = np.zeros((512,512,3), np.uint8)   #np.zeros(h,w,3) 最後の3は決まり文句で指定します

                                     # np.uint8 で0~255の整数として生成するように指示(省略OK)

img += 255 #全ゼロデータに255を足して色を反転してホワイトにする

# 5px幅の線を作成する。色はカラーコードはBGRで指定するので[::-1]を指定しRGBコードで指定する

img = cv2.line(img,(0,0),(512,512),(255,255,0)[::-1],5)

cv2.imwrite(“./line.jpg”,img)

テルンのツイッターでも紹介しています。
Twitter:https://twitter.com/pcschooltelln