PcSchool.Club

パソコンを分かりやすく解説することを目指す無料のスキルアップサイトです

岐阜のパソコン教室「パソコンスクール・テルン」

日本情報処理技能検定試験(データベース)第125回模範解答動画

2022年1月26日

今回は、文部科学省後援の日本情報処理検定協会のデータベース3級問題の模範解答の解説をしていきます。

  1. 素材のダウンロード
    ブラウザを起動し、検索欄に「日本情報処理検定協会」と入力します。
    出てきたホームページの、データベース検定をクリックし、第125回の問題と素材データをダウンロードします。
    分からない方は、以下の動画を参考にダウンロードしてください。

リンク割れでダウンロードできない場合は、以下のURLよりダウンロード可能です。

データベース検定 第125回問題素材データ

2.つづけて、テーブルを3つ作成します。
  商品マスタ
  売上テーブル
  得意先マスタ

3.つづけて、CSVデータをインポートしていきます。
  外部データの取り込みよりテキストファイルを選択し、3つのCSVデータをインポートします。
  商品マスタ.csv
  売上マスタ.csv
  得意先マスタ.csv
参考に以下、アクセス(Access)にCSVファイルをインポートする方法の動画です。


  

4.つづけて、リレーションシップを設定し、3つのテーブルの同じ項目(フィールド)同士を関連付けし、クエリを作成していきます。
ここでは、売上額が2万円以上の売上額一覧表をクエリにて作成します。
以下に動画を用意しました。

5.作成した「売上額一覧表(2万円以上)」のクエリをもとにして、レポートを作成します。
今回はレポートウィザードを利用して作成し、そのあと、デザインビューにてフィールドの調整やプロパティの設定などを行います。
以下の参考動画をご覧ください。

6.最後にレポートにて、レポートフッター部分に平均を求めるAVG関数を使って平均を計算します。
  =AVG([売上額])
参考動画は以下のようになります。

以上、日本情報処理検定協会の情報処理技能検定 データベース第125回の解説でした。
模範解答となりますので、必ずしもこの操作でなくても合格できます。
それでは合格を目指してがんばってください。